『にわとこ』、名前の由来


ここからスタートしました。にわとこの最初の店舗、天白区植田のサロン。
ここからスタートしました。にわとこの最初の店舗、天白区植田のサロン。


 

初めてお会いした多くのお客様から、聞かれるしつもん。

「『にわとこ』って,なんのこと?」


『にわとこ』とは植物(樹)のなまえ。

そして私、店主の誕生花です。

 

屋号を決めかねていたころ、たまたま訪れた京都のお店「裏具」さんで何気なく手にとった「記念日手帳」。

その日の花や、記念日などが書かれています。


そこで初めて知った自分の誕生日の花『にわとこ』。

和名は、接骨木(せっこつぼく)というそうです。

 

なんだか気になって、後日『にわとこ』について調べてみると色々なことがわかりました。

どれもこのお仕事にしっくりくることばかりでした。

 

・漢方薬としても使われている。

・黒焼きにしたものが骨折の治療に使われていた。

・小鳥のとまり木にすると小鳥が病気をしない言い伝えがある。傷ついた小鳥は、元気になってまた飛び立っていく。

 

 

 

『にわとこ』を屋号にしようと決めたのは、とても自然なことでした。

 

 

 

にわとこに訪れたお客様が、少し休んで、元気になって、ふたたび自分自身のちからで飛び立てるように・・

そんな想いで日々お客様をお迎えし、お見送りしています。

 

 

自分を元気にしてあげられるのは、ほかでもない自分です。

にわとこにできることはお客様自身がその第一歩をふみだす時に、ちょっとせなかを押すくらいのことだと思っています。